行動の夢

上手に踊る夢やダンスする夢は対人関係が良好の兆し!

2014年5月23日

DANCEと書いた赤いポンポン風のテキストエフェクト

こんにちは!
美・フェイスナビゲーターのAmi&Annaです。

夢の中で誰かと一緒に踊る夢や、好きな人の前でダンスをする夢を見ることがあります。

基本的に踊る夢は、あなたの恋愛運や対人関係運の象徴として夢に出てきます。

「踊る夢」の吉凶を判断する場合、どのようなダンスであっても上手に踊れたかどうか、踊っていた時に音楽が流れていたかどうかが夢の解釈のポイントになります!

そこで今回は、いろいろな「踊る夢・ダンスをする夢」について詳しい夢占いの解説をしたいと思います。

スポンサーリンク

踊る夢のポイント!

ダンスをする夢や、踊る夢は、恋愛運や対人関係運の象徴です。

自分が躍る夢は、恋愛運に関しては感情の高ぶりをあらわしており、対人関係運については人とのコミュニケーション運をあらわします。

特に、アップテンポの激しいダンスや、異性と激しいダンスを踊る夢は、情熱的な欲求の高まりを意味しています。

あなたが見た夢の吉凶に関しては、先に触れた通り自分が上手に踊れたかどうかを判断基準にしてくださいね。

次に大切なポイントは踊る夢を見た時に、音響機器が側にあり、音楽が流れていたかどうかを思い出してください。
なぜなら、スピーカーやCDなどの機器類で音が流れる夢や音楽を聴く(聞こえる)夢は、対人関係のトラブルの暗示となるからです。

そのため今回の踊る夢においても、何らかの機器類から流れる音楽にあわせて踊る夢は、「対人関係や恋愛関係のトラブルに巻き込まれないように・・」という意味合いが加味されます。

しかし、夢の中でスピーカーやCD、パソコンやラジオなどの機器類から音楽が流れるという認識がなく、どこからともなく聞こえる音楽や美しいメロディーに合わせて踊る夢は、恋愛運や愛情運アップを教えているため、区別して判断してくださいね!

なお、無音の状態で踊っている夢や、自分が音楽の変わりに上手に歌いながら踊っている夢も、対人関係運が良好の兆しの夢となります!

踊る夢・ダンスをする夢の意味!

誰かの前で踊る夢

特定の誰かの前で踊る夢は、対人関係において、相手に何か伝えたい想いがある時に見る夢になります。

例えば、友人の前で踊る夢は、あなたがその友人に対して伝えたい思いや理解して欲しいことがあることを意味しています。

対人関係運で出てきた場合は、あなたのコミュニケーション運や社交運を表しているため、上手にリズムに合わせてダンスを踊る夢は、自分の想いを上手に相手に表現できる機会に恵まれることを教えています。

踊りの振り付けを忘れる夢や、リズムに合わせてダンスを踊れない夢は、人とのコミュニケーションが上手に取れないことを暗示しており、あなたが本当に伝えたいことが相手に伝わらないか、誤解を与えてしまう可能性があるため、人に何かを伝えるときの表情やしぐさを始め、言葉選びにも気をつけるように心掛けましょう。

スポンサーリンク

大勢の人の前で踊る夢

大勢の人前で踊る夢は、自己表現欲の高まりを表しています。

この時、アップテンポの激しいダンスを踊る夢をみた場合、自分の激しい感情の高まりを象徴しています。

スローテンポのゆっくりとした動きのダンスの夢は、感情の抑揚はそれほど大きくはありませんが、自己顕示欲は生まれていることを意味しています。

例えば、自分の魅力や長所を人に知って欲しい、能力や才能を認めて欲しいなどの気持ちが高まっていることを表しています。
もしくは、多くの人に伝えたい事や理解して欲しい事、知って欲しい事などの思いが強くある時に見ることもあります。

この時、大衆から拍手喝采を浴びながらダンスを踊りきる夢を見た場合、あなたの欲求が満たされる出来事が起こるでしょう。

一方で、あなたが躍る姿を周囲が冷めた目で見ている夢は、あなたと周囲の人達との気持ちに温度差があるか、一人で先走っている何かがあることを警告しています。

冷めた目で見られる夢でなくても、大勢の人前で踊りづらいと感じる夢は、コミュニケーション運に注意信号が送られているサインになるため、客観的に自分を見ることができるように意識を変えることが必要です。

好きな人の前で踊る夢

好きな人の前で踊る夢は、あなたの感情の高まりや押さえ切れない感情が「踊る」という行動として夢に出てくることがよくあります。

この時、好きな人の前や気になる異性の前で上手に踊る夢は、あなたの魅力を存分に発揮できる出来事が訪れる暗示。

逆に上手に踊れない場合は、自分の気持ちを上手に表現できず、期待している展開には物事が進まない可能性があります。もしくは、あなたのアピールが逆効果になる場合もあるかもしれませんので気をつけましょう。

好きな人と踊る夢

好きな人と踊る夢は、恋愛運が高まっていることを暗示しています。

特に好きな人と二人で手と手を取り合って上手に踊れる夢は、お互いの意思の疎通もスムーズで、居心地の良い関係性を築いていけることを意味しています。

ゆったりとしたリズムに合わせて踊る夢は、お互いの気持ちを確認しあいながら、ゆっくりと二人の絆を深めていくことが期待できそうな予感。

一方でアップテンポの激しいリズムで好きな人と踊る夢は、お互いの気持ちが高まっているため、その場の勢いに任せて行動してしまうと、少し後悔をしてしまう可能性があることが示唆されています。

ただし、好きな人と踊る夢を見た場合でも、どちらかが振りを忘れたり、ぎこちない踊りになったり、動きが合わなかったり、上手に踊れない夢は、意思の疎通がうまくいかないことを暗示しており、気持ちの空回りを警告していますので焦らずゆっくりと恋を育むことも大切です。

好きな人が自分の前でダンスを踊る夢

好きな人があなたの目の前でダンスを踊る夢は、あなたへの感情が高まっていることを暗示しています。

もしくは、自分のことをもっと見て欲しい、自分の魅力に気づいて欲しい、自分を良く見せたいなど、好きな人はあなたに何かを伝えたい想いを秘めている可能性があります。

この時、好きな人があなたの前で上手に踊っている夢は、自分なりの愛情表現をあなたに伝えてくることを意味しています。
あなたも自分の気持ちをもう少しオープンにしていくと、二人の距離がグッと近づく展開に発展するかもしれません。

ただし、好きな人があなたの前で上手にダンスを踊ることができない夢は、あなたに対して本当の自分を見せることができないか、自分の気持ちをうまく表現できないか、あなたに対して誤解を与える言動をしてしまうことを意味しています。

そのため、好きな人がギコチナクダンスをする夢を見た場合、好きな人の言葉に一喜一憂するのではなく、時間をかけてお互いの関係性を深めていきましょう。

異性と二人で踊る夢

異性と二人で歩調を合わせて上手に踊る夢は、恋愛運上昇のサイン。

この時、あなたが踊って楽しい感情を抱いていれば、あなたにとって嬉しい出来事が起こるでしょう。

もし意中の異性がいれば、相手もあなたと同じような気持ちを抱いている可能性も!
また恋の進展も期待できるでしょう!

現在気になる異性がいない人が、異性と楽しく踊る夢は、新しい出逢いの可能性も期待できるでしょう。

ただし、異性と二人で踊っていても、二人のリズムがズレているか、上手に踊れない夢は、何らかの恋のトラブルを暗示していますので気をつけましょう。

同性の前で上手に踊る夢

自分が同性の前で上手に踊ることができる夢は、コミュニケーション運アップを暗示しています!

この時、相手が拍手してくれたり、にこやかに自分を見ていたりする夢であれば、あなたの人間的魅力も相手に伝わり、より好感を持たれる出来事が訪れそうです!

逆に上手に踊れない場合は、コミュニケーションの行き違いや、何らかの誤解が生まれやすい事を示しています。

人から拍手される夢については、こちらの記事をチェックしてくださいね!

参考「握手する・拍手する・手をつなぐ」夢は良好な対人関係の合図!

数人で一緒に踊る夢

数人で一緒に踊る夢は、「チームワークを大切に」という夢からのメッセージになります。

特にみんなで上手に踊ることができたら、周囲と協調性を持って物事に取り組むことができるでしょう!

ただし、男女が一緒に踊る夢において、自分だけ上手に踊ることができなければ、多くは恋愛問題のトラブルが起こりやすいことを警告しています。

また同性同士が数人で一緒に踊る夢において、自分だけが上手に踊れない夢に関しては、対人関係に注意信号が出ていますので自分の言動には細心の注意を払うように気をつけましょう。

マンツーマンで踊る人達を見る夢

自分以外の誰かが1対1で踊る姿を見る夢は、恋のトラブルか対人関係のトラブルを暗示しています。

特に男女で躍る人達を見る夢の多くは、恋のトラブルを象徴しているか、三角関係になるか、自分の知らないところで相手の裏切り行為が行われている可能性があることを知らせています。

現在片思い中の人が見た夢で、知らない男女が一緒に踊る夢を見るのは、あなたの好きな人は他に親しくしている異性がいることを教えています。

恋のトラブル以外では、対人関係で不快な思いをしやすいことを教えていますので、人との関わりにおいては油断することなく慎重に対応していくことを心掛けてトラブルは防いでいきましょう。

稀に、マンツーマンでなくても、複数の人達が踊る姿を見る夢も、同様の意味を知らせていることがあるため注意が必要です。

上手に踊れない夢

ダンスを踊っても上手に踊れない夢は、恋愛運や対人関係運の低下の暗示になります。

もしくは、人間関係において面倒な出来事が起きるか、一時的ですが思い通りに物事が進まないことをあらわしています。

上手く踊れない夢は、自分に自信がない時や、努力が空回りしている時に見ることもあります。

特に、自分が嫌々踊る夢、踊らされる夢であれば、周囲の人から不快な思いを受ける暗示となるため気をつけましょう。

なお、上手に踊れない夢の意味については、一人で踊っても、数人で踊っても、人前で踊っていても同様の解釈になります。

ダンスの練習をさせられる夢

社交ダンス、ワルツ、サンバ、ルンバ、ジャイヴ、タンゴ、フォークダンス、バレエ、ヒップホップ、レゲエダンス、ロックダンス、ハウスなどのダンスの練習を嫌々やらされる夢は、周囲で起こるトラブルに巻き込まれる可能性があるか、ちょっとした災難に遭いやすい事を警告しています。

対人関係においては、喧嘩や口論、仲たがいにも注意が必要です。
恋愛問題については、揉め事や嫌な思いをしやすいことを予告していますので少し注意が必要です。

ダンスの練習をやらされる中で、自分が練習をリタイヤするか、踊りの練習を止める夢は、トラブルや不快な思いは受けるものの最小限のトラブルで終わることを意味しています。

大音響の中踊りまくる夢

クラブやダンスホールなどの大音響の中でダンスを踊る夢は、仮に上手に踊れた夢だとしても、人との喧嘩や口論に注意を呼びかけているか、対人関係のトラブルに巻き込まれる可能性があることを警告しています。

コンサートホールのようにたくさんの音響機器から流れるミュージックで踊る夢も、同様の意味を持ち、対人関係で起こる問題や悩みに注意が必要です。

テレビやラジオ、音響機器から音が出ている夢を見た時点で、口論や喧嘩などのトラブルのサインになります。この夢を見たら特に口の災いには十分な注意が必要です。
夢を通して未来に起こるトラブルを事前に回避できるように知らせていますので、夢のメッセージを活かしてトラブルを回避できるように努めてみましょう。

まとめ

上手に踊る夢は、コミニュケーション運がアップしたり、自分の個性や魅力を存分に発揮できたりする暗示になります。

しかし、冒頭でお伝えしたように、CDやスピーカーから音楽が流れているのが印象に残る夢は、対人関係に注意のサインでもあります。

テレビやラジオなどの音が出る機器の夢の解説は、こちらをチェックしてみてくださいね。

フランスの夜の街と光の合成画像
テレビを見る夢・映画を観る夢は対人関係の好不調を表す!

こんにちは! 美・フェイスナビゲーターのAmi&Annaです。 自分がテレビや映画を見ている夢、CDで音楽を聴い ...

続きを見る

「歌う夢」については、こちらの記事にわかりやすく解説しています。

SONGと書いたファーのテキストエフェクト
歌う夢は自分をアピールしたい気持ちの表れ!

こんにちは! 美・フェイスナビゲーターのAmi&Annaです。 自分が歌う夢や、気になる人や好きな人が歌っている ...

続きを見る

最後に、「大勢の前で歌う夢」は少し解釈が変わりますので、気になる方はこちらをご覧ください。

SONGSと書いたオレンジ色のグラデーションのテキストエフェクト
大勢の前で歌う夢は言動に注意することを知らせている!

美・フェイスナビゲーターのAmi&Annaです。 ステージで自分が熱唱する夢やカラオケで歌う夢など、自分が歌って ...

続きを見る

今日も楽しい夢が見れますように!
Ami&Anna

サイト内のコンテンツのリライト、無断転載や体験談の要約(一部改変)は固く禁止いたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-行動の夢

© 2020 美・フェイスナビゲーター