美・フェイスナビゲーター

夢判断(夢占い)・人相・手相を活用して幸運を手にするブログ

手相で判る過去・現在・未来

手相の太陽線は幸運の印!太陽線について知っておきたい秘訣とミニ知識!

投稿日:2018年10月4日 更新日:

太陽のプリズムで出来た太陽線

美・フェイスナビゲーターのAmi&Annaです。

薬指に向って伸びる線を、手相学では太陽線と呼びます。

太陽線は、手の平に現れる「幸運の予兆」であり、その名の通りに、太陽のように明るく発展的なパワーと運気を象徴しています。

この太陽線は、主に「成功や人気、名声や金運」などの幸運をあらわすため、その人が社会的に認められるかどうか、幸運期間かどうかを判断するには1つの目安になり、成功度をチェックする重要な線であることは間違いありません。

しかし、太陽線が無い方やあっても薄く短い方もいます。

太陽線が薄くても大企業の社長や、一般的に成功している方は沢山いらっしゃいますし、太陽線が長くはっきり刻まれている方でも、ごく平凡な人生を送る方もいらっしゃいます。

太陽線は無いよりあったほうが当然良いのですが、太陽線があるから必ず成功する、必ず幸せになるとも言い切れないのも事実です。

そこで今回は太陽線の第二弾として、太陽線についてもっと深く掘り下げた内容と共に、是非知っておきたい秘訣をご紹介していきます。

スポンサーリンク

太陽線は運勢が良くなる前に突如出現することもある

太陽線は、運勢が上昇する前に突然、出現することがあります。

「今から幸運期間に入りますよ!」と自分の潜在意識が手相を通じて教えているのです!

太陽線が急に手に現れる時は、今まで人知れず行ってきた努力が人に認められて開花する時や、人や自分を幸せにした「徳分」が貯まってきた時に太陽線となって現れてくるのです。

コップに少しずつ水(徳)を貯めていたものが、ちょうどコップから溢れ出るイメージで、現実的なあらゆる幸運へと形を変えていくのです。

ここもポイント!

また、切れ切れの太陽線が繋がって1本のきれいな線になる時や、薄くて弱々しい太陽線がはっきりしてくるのも幸運期間に入った合図になります。

逆に、今まで出現していた太陽線が薄くなったり、消えてなくなることもあります。

私の友人は、大病にかかった時に、それまではっきりしていた太陽線が途中から消えてなくなったことがありました。
しかし、病気が良くなり、元気に楽しく仕事をするようになってから、消えていた太陽線が再び現れはじめ、以前より太陽線がしっかり入った良い状態になったことがあります。

逆に、それまでしていた努力をしなくなったり、怠惰な生活を送っているとそれまであった太陽線が薄くなったり消えたりすることもあります。

太陽線と流年の関係

太陽線も運命線や生命線と同じように「いつ何が起こるか?」ということがわかる『手相流年法』があります。

太陽線が出発する年齢に、

  • 人気や名声を得る
  • 才能が開花したり、今までの努力が実り社会に認められる
  • 成功することでお金や財産を得る

などの具体的な幸運がスタートします。

しかし、手相は不思議なもので過去の流年の太陽線が急に濃くなる時や、過去の年齢を示す切れ切れの太陽線が突然つながって、美しいきれいな太陽線を描くことがあります。

手相は今現在の運気を見る「相術」でもあるため、過去の年齢の太陽線が濃くなったり、突然出現する場合でも、出現した現時点も幸運期間であることを教えています。

また、未来の年齢に太陽線があるとしても、「太陽の如き運気」を現在も浴びていること、未来に幸運が起こる生き方をあなた自身がしている証なので、これもとても素敵なことなのです。

太陽線と金運の関係

太陽線は、金運と深く関わっている線ではありますが、太陽線があるからお金が入ってくるというわけでもありません。

地位や名声を得て、収入や財産が増えるケースもあれば、名声や人気を得ても人によってはそれが全て収入アップや金運に結びつかないこともあるからです。

人気のある芸能人や会社をいくつも経営し成功している実業家が、実は大きな借金を抱えている、お金の事で悩んでいるケースもあります。

ただ、太陽線がある方はお金を生みだすことのできる経済的なセンスや素質、才能があります。

財産を得ることができるか、収入がアップするかは太陽線と共に知能線や運命線も一緒に見て判断することが大切です。

太陽線は運命線と一緒に判断することが大切!

運命線は、その人の仕事運や社会生活を表し、太陽線は社会でどれだけ認められるかを示しています。

より確実で地に足のついた幸運や金運を判断するには、しっかりとした太陽線と共に運命線も必要です。

ただ、運命線が薄くても太陽線が勢いよく出ていたら、人の援助や好意を得て実力以上の評価を受ける可能性があります。

運命線が立派でも、太陽線が出ていなければ、仕事の実力があってもなかなか世間や社会に認められない可能性もあるでしょう。

しかし、太陽線が薄くても、運命線や知能線など他の線が素晴らしければ社会で大いに活躍したり成功している方がいるのも事実です。

手相は1つの線だけではなく、全ての線や手の型、肉づきや色艶などを見て総合的に判断していくことが大切です。

太陽線がある方は性格が非常に明るい人

太陽線がある方は、周囲を明るく照らす太陽のように性格も明るく楽天的で、人に好かれる要素と魅力を持っています。

それは、愛嬌があったり、周囲を和ます笑顔を自然に出来る人であったり、陽気な性格であったり、いろいろな魅力を持っています。

総じて性格は陽性な方が多いのですが、太陽線の種類によっては、地味なタイプでも誠実で人柄が良く、真面目な所が他人から好感を得て引立てや援助を受ける方もいます。

太陽線のある方は「人徳(徳分)がある人」で、派手さがなく大人しく見える人であっても根本的な根の部分は非常に明るい人なのです。

根が明るい人なので、物事を考え方の工夫でポジティブに捉えることができます。
また、悩みや困難があったとしてもそれを学びの糧として受け止め乗り越えていける人なのです。

太陽線は本人の幸福度のバロメーター

太陽線は、「成功や人気、名誉名声」をあらわす線であるため、太陽線が長く立派な方ほど社会的な成功を収めている方が多いのも事実です。

しかし、太陽線は運命線と同じく本人の感じ方や自分の基準から見た幸運度と比例しているため、会社をいくつも経営し、人が羨むほどの資産を持っていても、自分が満足していなければ太陽線は無いに等しいくらい薄いか、もしくは太陽線が出ていないケースもあります。

逆に一般的に言う社会的な成功、名誉や名声を生涯得ることがなくても、自分自身が満足いく人生を送っていると感じているならば長く立派な太陽線が出ることもあります。

下記の写真をご覧ください!

生命線の下部から出ている長く立派な太陽線の写真

現在97歳 N.S様の太陽線

生命線の下部から出発し、感情線に届く位まで綺麗に長くスッと入った太陽線と、感情線の上からも1本のはっきり刻まれた太陽線がありますが、この立派な太陽線の持ち主は現在97歳のN様の右手の手相になります。

私たちは今まで3万人以上の方の手相を拝見致しましたが、正直ここまで立派な太陽線が出ている方はそうお目にかかれませんでした!

しかし、Nさんは地元では名の知れた名家のお嬢様ではありましたが、結婚後はずっと専業主婦であり、事業家でもスターでもなく、子供を3人育てながら、自営業の夫を支え空いた時間でお米や玉ねぎを作って販売していました。

Nさんが長く立派な太陽線を持っている理由

Nさんは、地位や名声、一般的に言われる社会的な成功は無くても、上記のような素晴らしい太陽線をお持ちです。
このような太陽線を持っている方は圧倒的な「徳分」があります。

徳分とは?

徳分とは、前世で沢山の人を救ったり、世の為人のために尽くしたり、自分を一生懸命に磨いた人に神様から送られる見えない幸運貯金のこと。

この徳分とは、幸運のもとであり、徳がある人は「長寿、健康、裕福、周囲や家族に愛される、願いが叶う」など様々な現実的、精神的な幸せになっていきます。

ちなみにNさんは現在97歳というご高齢でありながら、これまで大きな病気にかかったこともなく今日までお元気なのは、圧倒的な健康運の徳もお持ちなのでしょう。

ところで、前世や今世で積んだ徳は今世の自分だけでなく、来世の自分の運勢のベースになったり、家族や孫に流れていくこともあります。

Nさんの子供たちはみんな心豊かな人生を送っていますので、Nさんの徳が子供たちに行き渡っているのではないかと思っています。

また、Nさんは非常に明るい方で、足ることを知り、いつも感謝の気持ちを持って日々を過ごしていらっしゃいます。

子供たちには、

「人の喜びを自分の喜びとしなさい」
「掃除や整理整頓など人が嫌がることも率先してやりなさい、それは徳を積んでいることだから」

など、徳を積む方法を子供たちにも優しく話しながら自らも実践していました。

また、私たちが取材に行った時は、こんな話をしてくれました。

指輪が盗まれても明るく話すNさん

Nさんは亡くなった旦那様の結婚指輪を大事にしていたのですが、今から3年前、ある施設の入浴中にその指輪が盗まれてしまったそうです。

指輪を置いた場所や時間もハッキリ記憶していましたが、騒ぎを大きくしたくないNさんは、そのことを自分の胸にしまっておくことにしたそうです。

ところでNさんは私たちに指輪が無くなったことを、こうユニークに話してくれました。

「指輪がどこかにお嫁に行ってしもうた~お嫁にいったから仕方ないね~」

本来なら、大事な結婚指輪を盗まれて怒っても当然なことだと思いますが、そのことを歌うように笑いながら話されていたのはとても印象に残りました。

Nさんは、97歳というご高齢でも、しっかりとした口調で何でも話してくれますし、現在も子供達から愛され大切にされています。

Nさんの長い太陽線は徳があるのと同時に、どんな状況でも明るく物事を捉えることができる人であると共に、ささやかなことでも幸せを感じることができる人なのです。

総じて、自分の人生を有意義に満足しながら送っている証だと感じています。

スポンサーリンク

太陽線と徳分の関係

先ほどの話と少し重複しますが、太陽線は『先祖の徳と本人の徳』が合算した、非常に幸運な線になります。

太陽線がある方は願ったことがほぼ叶いやすい人ですが、徳がある方も思ったことや自分の強い願いが叶いやすい人になります。

つまり、太陽線が刻まれている人は、徳分(徳)がある人なのですが、現在太陽線がない方でも徳を積んでいると太陽線がだんだん濃くなったり、新たに出現して結果的に運命が良い方に変化することがあります。

徳の積み方や種類についてはこちらをご覧ください!

冬の野原に輝く朝日
運命を改善する徳を積む方法!

美・フェイスナビゲーターのAmi&Annaです。 人の運の大半は、生まれた時点でほぼ決まっているといわれています ...

続きを見る

徳の有る無しは、太陽線以外にもその人の生き様や生年月日、人相にも表れます。

太陽線だけで徳の有無を判断することはできませんが、それでも太陽線の有無や、線の状態によっては、自分の徳の状態を知る一つの目安にもなりますので参考にしてくださいね。

太陽線は「人生を楽しむ線」でもある!

最後に一番お伝えしたい事・・。

太陽線は「社会的な成功」だけではなく、より大きく解釈すると「人生を楽しむ線」でもあります。

「自分が幸せと思える生き方や人生を送っている、平凡な中にも楽しみを見つけ生活している、やりたかった事や仕事をしている」など、あなた自身が幸福と思える生き方をしていると現れる線でもあるのです。

まとめ

太陽線とは「成功」を意味する線の1つですが、そもそも成功とは何を持って成功とするのか、人それぞれ価値観は違います。

自分が失敗しても、困難があってもそれを学びと成長の糧と捉え、たとえ時間がかかったとしても明るく乗り越えていったら、それも一つの成功と言えるのではないでしょうか。

また、幸せや幸福は「欲しかった物を買う、地位や名誉を得る、大金を得る」など目に見える物、物質的な外的要素だけではありません。

それらを手に入れたとしても一時的なことで、永続性はなくいつかは消えて無くなるものです。
あの世まで、家の土地やお金、貴金属などの物質は持っていけないのと同じです。

しかし、自分が月日をかけて磨いてきた才能や芸術性や学問、そこで得た心の豊かさなどはあの世まで持っていくことができるのです。
そして、生まれ変わってたきた時に、自分が磨いてきた才能や資質を受け継ぐことになります。

内面的な豊かさでいえば、例えば家族との何気ない生活、友人との談笑、何かを達成するために夢中で取り組んでいる時、それが形になった時のような内的要素から来る幸福や満足感は長続きします。

もちろん、物心ともに満たされることが一番良い形だと思いますが、主従関係でいうならば、内的要素や目に見えない物に価値を置く人生の方が幸運度は長続きします。

太陽線がある人は、社会的な成功の意味だけではなく、「自分の人生を幸せに満足して生きている人、徳がある明るい人」にも出る線であることをお伝えさせていただきたいと思い、第二弾の記事を書くことにしました。

最後に、第一弾の太陽線の基本的かつ重要な記事はこちらになりますので併せてご覧ください!

色々なパターンの太陽線
手相の太陽線は社会的な成功・人気・金運をあらわす!

美・フェイスナビゲーターのAmi&Annaです。 手の平の薬指に向かう縦の線を、手相では「太陽線」と呼びます。 ...

続きを見る

嬉しい事、願いが叶う出来事が起こる生命線から昇る開運線の記事はこちらになります。

生命線の補強の線の説明
手相の生命線の長さと開運線で知るあなたの未来!

美・フェイスナビゲーターのAmi&Annaです。 手相には、あなたが生まれてから、晩年までの人生の縮図が刻まれて ...

続きを見る

それでは今日もステキな1日を!
Ami&Anna☆

©2013-2019 美・フェイスナビゲーター All Rights Reserved.

美フェイスPC

美フェイスPC

-手相で判る過去・現在・未来

Copyright© 美・フェイスナビゲーター , 2018 All Rights Reserved.