幸運の予兆

太陽の周りの虹は神様からの幸運のメッセージ!日暈を見た後に起きた様々な体験談!

2020年4月30日

広尾、新宿、渋谷、表参道、池袋に出現した日暈の写真

広尾、新宿、渋谷、表参道、池袋に出現した日暈の写真:著者撮影

美・フェイスナビゲーターのAmi&Annaです。

太陽の周りに大きな虹色の輪が現れる現象をハロや日暈(ひがさ)と呼びます。

何かに頑張っているときや、考え事をしているとき、新しいスタートを切るタイミングのときなどに、ふっと空を見上げたら、太陽の周りに虹が出現していることがあります。

このような時に見るハロや日暈は、変化や幸運の兆しであり、「神様があなたの生き方や努力している姿、勇気を持って物事にチャレンジしている姿をちゃんと見ているよ」という天からのメッセージになります。

日暈に関しては、Link「日暈は天からのメッセージ!太陽の周りに虹色の光の輪は幸運のサイン」の中で、日暈を見るとどのような幸運が訪れるのかや、虹のスピリチュアルな意味について解説をしています。

今回は続編として、「日暈がどんな人生のシーンに現れたのか?」、「日暈を見た後に起こった私たちや友人たちの体験談」を実際の日暈の写真と共にお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

神社参拝の後に太陽の周りに虹が出現した体験談!

大宰府天満宮に現れた日暈

大宰府天満宮に現れた日暈

上記の写真は、大宰府天満宮の上空に現れた日暈になります。

今年、家族と一緒に大宰府天満宮に正式参拝に行きました。 日頃の感謝のお礼や周囲の人たちの幸せを祈願した後、家族それぞれが自分の今後の願いや目標を天神様にお願いしたのです。

参拝後、おみくじを引こうとする前に空を見上げたら西門出口の屋根の上から、まるで顔を覗かせるように日暈が出現しています。

しかも、ちょうど木と木の間にピッタリと収まるように虹が出ていたのです!

神社参拝の後に虹や日暈が出現すると、その願いは神様に通っていることをあらわしています。『虹は思いの架け橋』ですので、神様が私たちの祈りを「受け取ったよ!」というOKサインになるのです。

ポイント

受け取ったよ!というサインではありますが、それが叶うかどうかは、私たちの努力次第です。ただし神様からの応援というが添えられますので願いが叶う可能性は高くなりますよ。

日暈の場合は、他にも「自分たちの願いが神様の御心に叶っているという合図」の場合もありますし、「参拝に行く前までの生き方が神の御心に叶っているか、今までの苦労や人知れぬ努力をちゃんと知っているよ!」という天からの自然現象を使った愛情表現になります。

参拝後に日暈が出るのは、神様へのお願いが天に通じているサインになりますので、後の結果は神様にまかせて、願いや目標が叶うための努力をしてみてくださいね!

願いが叶う前の現象をまとめたこちらの記事もオススメです。

こちらもCHECK

長野県諏訪大社参拝後に高速道路で3連続出現した虹
あなたに伝えたい!願いが叶う前に見る幸せの予兆【虹・太陽の後光・黄金虫・ヤモリ・吉夢編】

美・フェイスナビゲーターのAmi&Annaです。 あなたの願いが叶う前に、予知夢を見たりドキドキ胸騒ぎが起きたり ...

続きを見る

スポンサーリンク

やりたかったことを始めたら大きな日暈(日輪)が現れた体験談!

今から2年前、とてつもなく大きくてきれいな日暈が目の前に現れたことがありました。

母と一緒に車で歯医者に向かう途中に、近況報告と今後の願いを天に祈り、目的地に着いてふと空を見上げると日暈が出現していました。

その時の写真はこちらになります!

大きな美しい日暈

著者が撮影した日暈

久しぶりに見た日暈は、完璧に光の輪が太陽をぐるりと一周しており、きれいに囲っていました。
感動して写真をたくさん撮っていたら、側にいた80歳のお婆様2人が何事かと尋ねてきたので、日暈のことを説明しました。

お二人は空を見上げて「こんなの生まれて初めて見たよ」と日暈を見てすごく喜んでいらっしゃいました。
「写真を撮ってもらいたい」と頼まれ、快くお二人の携帯をお借りして日暈の写真をとってあげました。

歯医者に行く前は日暈は出ていなかったのに、家を出て20分後の歯医者についた途端に日暈が出現していたので、「神様がお祈りを受け止めてくれたのかな?」とはじめは思っていました。

しかし、よく考えてみると、1年8ヵ月前から書きたかった3つの記事を書いている最中にハロが出現したので、そのご褒美と「神様からの答えとして」日暈が現れたのだと確信しました。

なぜならばちょうど前日に、

チェック!「不幸や不運、苦しみの原因の理由と運命を好転させる方法!」

の記事を書き終えたばかりだったのです。

この記事の中に、『天網恢恢疎(てんもうかいかいそ)にして漏らさず』という老子の言葉をご紹介しています。

「お天道様は見ている」という言葉は聞いたこともあるかと思いますが、それと同じ意味で、「天は全てのことを見ているし、知っているよ」という意味になります。

もう少し詳しく解説すると、「天の網は広大で目が粗いように見えても、自分が行った良いことも悪いこともすべて漏らさず天の帳簿につけているよ。だから悪い事を行えばその報いを受けるし、良い行いをしたらその結果も返ってくるよ」という意味になります。

この時の日暈は、『天網恢恢疎(てんもうかいかいそ)にして漏らさず』のイメージにぴったりで、大きな神様が地上を見下ろしている、まるで神が顕現しているように私は見えたのです。

日暈にはいろんな虹の状態や種類があります。その状態を見て私は受け取り方を変えているのですが、今回の日暈は虹がはっきり出ていて大きくて、虹の輝きにより内側は少し暗くなっている「本物の日暈」と私が勝手に名付けている状態で出現しました。

まるで人間の目のように見えます。天が私たちをちゃんと見ているという証(あかし)なのだと感じました。

ところで、日暈が現れる1週間前には、

check!幸運期や衰運期の過ごし方と不運の本当の意味について!

を書き終えたばかりでした。

日暈を見たその後、書きたかった3つ目の記事、

参考生きるのが辛い時や苦しい時期を上手く乗り越える方法!

を無事に書き終えることができました。
3つ目の記事は、私が一番つらかった時に、実際に苦境を乗り越えた方法を記しています。

勇気を出してチャレンジしてみる!

美フェイスナビゲーターのブログは、それまで夢占いを中心として、手相・人相・幸運の予兆の記事を書いていました。

特に、夢占いや幸運の予兆のファンが多かったため、上記の3つの記事については、本当は以前からずっと書こうと思っていましたが、後回しにしている状態でした。

しかし、あることをきっかけにやはり自分が伝えたいことを書こうと決心して、何とか頑張って書いている最中に、日暈の他にも幸運の予兆が立て続けに起こりはじめたのです。

私たちは運命鑑定家ですので、今回の出来事をきっかけに「運・不運・運命について」さらに記事を書くようにしています。
不思議と周囲の人達からも、これらの記事に関して良いアクションをもらうようになりました。

特に印象に残っている「本物の日暈の体験談」の1つをお伝えしましたが、新しいことにチャレンジしてみることや、本当に自分がやりたいことをやってみることの大切さを改めて実感しています。

それが魂にとっての成長になりますし、勇気を出して物事にチャレンジした時には日暈がよく現れていたことを思い出しました。天はその心意気と覚悟をちゃんと見てくれている、日暈を通して応援メッセージを送っていると感じています。

日暈は神様からの質問の答えとして出現するときもある

何かに真剣に悩み葛藤している時、自分なりの答えを出したら、「その答えでいいんだよ」と、まるで神様が気持ちを表明するかのように、絶妙なタイミングで日暈が出現する時があります。

そのような日暈は、何かを決心した時に空を見上げるとタイミング良く出ている時もあれば、突然、出現するときもあります。
日暈は外出して空を見ないと出ているかも確認できませんので、次の外出時に出ている時もあります。

日暈は、神様が出してくれていると何度も思った理由は、日暈は私たちが見た後(確認した後)に直ぐに消えることがあるからです。
何かのメッセージを私たちなりに受け取った後、それまでハッキリ出ていた日暈がみるみると薄くなっていくのです。

日暈は、早くて1分~3分以内に消えることもありますし、長時間出ているときもあります。

特に見たらすぐに消えてしまう日暈に関しては「神様が見せてくれている日暈」として、強いメッセージ性があると自覚しています。

また、ビルの隙間と隙間の間や、ビルの建物から覗いているような日暈もよく見ていました。

ビルから顔を出しているような日暈

上記は、東京都内で撮影した写真ですが、仕事で悩んでいて自分なりの答えを出した時に出現していた日暈です。

ビルから覗いているような日暈は面白いことに、私の見える範囲のみ虹が出ており、私が見えないビルの後ろや向こう側には写真のように日暈の虹が出ていないことが多いのです!

冒頭の広尾、新宿、渋谷、表参道、池袋で私が撮った写真もほぼそのような状態になっています。

仕事を頑張っているとき、質問の答えを天からもらう時、勇気を出して物事にあたろうとしていた時に出現した日暈の写真ですが、ハロは自然現象の他に神様が質問の答えを表明しているときや、何かのサインとして出現していると今までの経験を通してお伝えすることができます。

転職初日に必ず日暈(ハロ)が現れる体験談!

Kさんの体験談

Kさんは、3年間の間に4回も転職した時期がありました。

それまで長い間1つの会社に勤めていたのですが、その会社を退社した後に人生の歯車が狂うようになりました。
1回目の転職先は、Kさんが入社して2年足らずで社長が行方不明になり会社を辞めざる得なくなったのです。

2回目の転職先は、Kさんが以前勤めていた会社の社長の紹介で入った会社でしたが、入社して7ヶ月目に会社が不正を行っていることが発覚しました。Kさんは「このままではいけない」と上司に提言し、会社のために自分ができる限りの努力を行いました。

しかし、その訴えは上司に通じることなく、Kさんは不正を行っている会社に勤務することがいたたまれなくなり、退職する道を選びました。

Kさんは、1回目、2回目と転職するたびに、日暈をよく見ていました。転職する際の面接日や入社日のときも必ずといっていいほど日暈が現れていたのでした。

そして3回目、4回目の転職初日の朝も、日暈が現れていました。

しかし、その後の転職先も募集要項と勤務内容が違っていたり、会社内でトラブルが起きたりして、Kさんは長く続くことなく結果的にどこの会社も辞めることになるのです。

3回目の転職の時は、親しくしていた社長から「是非一緒に仕事をしたい」と言われヘッドハンティングのような形で入社したのですが、上記の理由でうまくいきませんでした。

次々と起こるトラブルや災難を乗り越え、「次の転職先こそは!」と期待と希望を描きながら前に進んでいきますが、すべて報われないのです。

しかし4回目の転職先を退社した後、Kさんに大転機が訪れたのです。

Kさんは、上手くいかない自分の人生を呪いながらも、ふとあることを思い出しました。

それは「独立の道」です。
ずっと前から自分で起業したいと思っていたそうですが、実際に無職になってみたら独立する勇気や自信、資金も知恵もない状態だったため、他人のお誘いや紹介に頼って転職の道を繰り返していたそうです。

しかし今振り返ると、転職を繰り返したお蔭でKさんは、独立するための生きた知識や人脈、経験や技術を習得することができ、一切無駄な経験にはなっていないのです。

Kさんは、今まで困っている人の援助をしたり相談を受けたりして多くの時間を費やしていました。
人の為に時には自分を犠牲にして生きてきたこともありましたが、4回目の退職を機に、こうも上手くいかないのは何かを教えているに違いない。それならば「自分の為に生きる!自分の本当にやりたいことをやる」と腹をくくることができたのです。

そしてKさんは、前からやりたかった事業を仲間と起こして夢を叶えることができました。

少し遠回りをしたようにも見えますが、実際は独立する為のあらゆる経験や知識を学ぶための期間だったのかもしれません。
実際に、これまで4回の転職で学んだスキルが現在に生きており、今は事業も成功して経済的にも心も豊かになり、Kさんは心から充実した人生を送っているからです。

転機のたびに太陽の周りに虹が現れた理由とは?

日暈と水平な飛行機雲

就職試験に向かう時、転職先の入社初日、引越しをする時など、新しい人生のスタートの時にタイミング良くハロが現れる現象は吉兆になります。

今から行おうとすることが後に良い結果となったり、あなたが希望している展開になったり、願いが叶うこともあるかもしれません。

しかし、Kさんの体験談でご紹介したように、辛い試練のときや失敗してもくじけずに前に進もうとしている時期にも日暈が現れることがあります。

Kさんのケースは、神様が本来の天命に向かわせるために様々な試練や経験を与えながらも守り導いていたのでしょう。

人は楽しく楽な人生だけでは成長できません。悩みや苦しみを乗り越える過程で、人間としての温かさやコミュニケーション能力、咀嚼力などの足りないところを学びながら向上し成長していきます。

同時に、苦しい時期というのは自分の悪い因縁や業を抹消する意味もあるため、Kさんは辛く苦しい状況が長く続いていたのかもしれません。

苦しむことで因縁や業を抹消するという詳しい解説は、「不幸や不運、苦しみの原因の理由と運命を好転させる方法!」をご覧ください。

天(神)は、私たちの全てを知っています。

神様は、業を抹消させながらも幸運のもととなる『徳』を積ませるような道を与えてくれます。
一石二鳥と言いますが、実際は一石三鳥も四鳥にもなるような導きを神様はしてくれますので、Kさんもそうだったと思います。

だからこそ、転機の度に日暈が何度も何度も目の前に現れているのです。

辛いとき、悩んでいるとき、頑張っている時に日暈を見るのは、幸不幸を超えいろんな経験をして少しずつ成長しているあなたを自然=神があたたかく見守り、導いているともいえます。

そして、「今は辛いかもしれないけど、未来は大丈夫なんだよ」というあたたかいメッセージも含まれているのです。

徳を積む方法は、こちらの記事を参考にしてください。

必読!運命を改善する徳を積む方法!

日暈は魂にとっての幸運が訪れるサイン!

神様は大愛なので、人智の及ばない人間の幸不幸を越えた幸福を望んでいる存在であり、人の魂の成長も望んでいます。
だから、時には自分が望む道とは違う道を与えられることもあります。

魂が成長することこそが、結果的には長く続く幸運や幸せに結びつきますからね!

わかりやすい例として、魚が食べたいと思っている人に、1匹の魚を与えるより、魚釣りの方法を教えることに似ているかもしれません。

ところで不思議なことに、辛い時に出た日暈や応援メッセージで現れる日暈のときのほうが、後に大きな幸運や本当の幸せに結びつくことが多い気がします。

本当の幸せとは、「天職につくとか、お互いに幸せになる相手と巡り合うとか、天命に沿って生きる」などの魂レベルの幸運のことです。

天命とは

天命とは、天から与えられた使命のことをいいます。自分の天命を知る1つの方法は、何かをしている時にそのことが好きで好きでしょうがないという気持ちが湧き続けること。何かに打ち込んでいる時、心の奥の部分が喜んでいるのが天命。

例えば、絵を描くのが好きでしょうがない、写真を撮ることが心の底からワクワクするなど、天命は人によって違います。

本当の幸せにたどり着くまでの道のりが少し先の場合、頻繁に日暈が目の前に現れて神様が現象を通して励ましていることもあるのだと、Kさんの体験談や、私たちや友人の経験を通してそう感じています。

もちろん、「もうすぐ幸運が起こるよ!願いがかなうよ」という意味で日暈が現れる時もたくさんありますから、日暈を見たときはどんなメッセージがあるのかを自分なりに解釈してみてくださいね!

まとめ

私たち2人は、何かの答えを人の言葉だけではなく、自然現象から教え導いてもらうような生き方をしています。

例えば、悩んでいたことに対して「こうしよう!」と決断した時に空を見上げたら、タイミング良く雲の隙間から太陽の光が差し込むと、「その決断で大丈夫だな」と受け止めることもあります。

もしくは、黒雲や薄暗い雲はスピリチュアル的には悩みの象徴になりますので、その雲の隙間から光が差すのだから、今現在悩んでいることは時期に解決に向かうとも受け止められます。

日暈を見たり、虹を見たり、生物や自然現象を通して幸運や不運の予兆を私たちは数えきれないくらいに経験しています。

その現象を通じて感じることは、天(神)はすごく大きな存在であるため、目の前の人間の幸不幸や吉凶を超えて、自然現象で何かを伝えている、その人の魂の成長を見ている、と言えます。

目の前に起こる現象から教え導いてもらう方法や神様からのメッセージを受け取る方法は、実際の写真とともにこちらの記事でご紹介しています。

あわせて読みたい!

太陽の近くの丸い虹と鉄の球体のグラフィック画像
神様からのメッセージを受け取る方法!自然現象を通したサインはこんな風に現れる!

美・フェイスナビゲーターのAmi&Annaです。 自然現象や生物を通して現れる幸運の予兆は、ダブルレインボーや流 ...

続きを見る

家の中で起こる出来事を通して未来を予知する方法は、この記事を参考にしてくださいね!

bi-facenavigatorと書いたカラフルなテキストエフェクト
チェック家の中で起こる出来事を通して近未来のメッセージを知る方法!

美・フェイスナビゲーターのAmi&Annaです。 家は長年住んでいるか、家を大事にしていると、家と自分の身体が一 ...

続きを見る

てんとう虫は太陽神の使いとして、これから起こる幸運をあなたに知らせにくるメッセンジャー的な働きもしていますよ!

Amiの指に止まっているてんとう虫と葉についた水を飲んでいるナナホシテントウ
オススメてんとう虫は幸運の予兆!幸せを知らせるメッセンジャーの役割もある!

美・フェイスナビゲーターのAmi&Annaです。 てんとう虫は、幸運の予兆であり、これからあなたに「嬉しいハプニ ...

続きを見る

あなたにステキな幸運のサインが起こりますように!
Ami&Anna☆

サイト内のコンテンツのリライト、無断転載や体験談の要約(一部改変)は固く禁止いたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-幸運の予兆

© 2020 美・フェイスナビゲーター