イベント・行事の夢

花火の夢を見る時は勝負のタイミング!

2014年11月25日

花火の火花を散らしsparkleと書いたテキストエフェクト

こんにちは!
美・フェイスナビゲーターのAmi&Annaです。

夜空を彩る美しい花火・・

一瞬で消えてしまう儚さはありますが、暗い夜空を一瞬で明るく照らし、その閃光の輝きと美しさには魅了されてしまいます。

夢でも同様に「花火」の夢は、物事のタイミングを知らせる夢であり、特にあなたに「勝負運・金運」がついていることを教える夢なのです!

ただし花火の夢には、吉の効果が得られると同時にマイナスの意味も隠されています。

そこで今回は「花火の夢」の詳しい夢占いの解説をしたいと思います。

スポンサーリンク

花火の夢のプラスの意味とマイナスの意味

花火を見る夢のプラスの意味は「勝負運」アップ!

打ち上げ花火を見る夢は、あなたに勝負運や金運のツキがめぐっていることを告げる夢!

勝負運ですので、恋愛、仕事、金運、投資など何らかの勝負をかけたい事柄があれば、今がタイミングであり、チャンスの時であることを告げています。

この時、あなたは一人でその「花火」を見ていましたか?

あなたと一緒に花火を見ている人物がいたら、その人物にも同様の勝負運がついていることを教えている場合もあります。

もしくは、その人物と共通して進めている事柄や案件などがあれば、その事柄にツキが回っていることを知らせている場合もあります。

打ち上げ花火が連続でどんどん上がっている印象を受けたら、それだけ大きな幸運の訪れを期待できるでしょう。

ただし、この「花火」の夢を見た場合、夢を見た日を含めた2日間くらいが『勝負運・金運』の有効期限になります。

この短い期間で、金運がつくようなことを、なるべく行っておくことをオススメいたします。仕事を頑張ること以外にも宝クジやスクラッチなどを買ってみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

花火を見る夢のマイナスの意味は「噂話」にご注意!

花火を見る夢は、先に触れたように勝負運や金運がつく意味がありますが、実は夜空にあがる花火の夢には、吉凶の両方の意味が含まれています。

良い意味では、恋愛でも仕事でも、賭け事でも勝負運にツキが巡っていることを暗示しますが、マイナスの意味では周囲の人から良くない噂を立てられたり、あなたが隠していたことが表に出てしまったり、陰口を言われる可能性があることを教えています。

つまり「良いことも起こるけど、悪い噂も立ちやすいので気をつけてくださいね」とメッセージが送られています。

あなたが見た花火の規模が、小規模の花火であれば狭い範囲内、例えばご近所くらいの範囲か、職場内の一部の人たちなどの噂話程度で済む可能性もあります。

しかし、大規模な花火大会レベルの花火であれば、少し警戒が必要です。

良くない暗示の夢はなるべく回避できるように、いつも以上に慎重に行動し、言葉も選んで人に話すようにしましょう。

日中に花火を見る夢

明るい日中に見る花火の夢は、勝負運や金運のツキが巡っていることを教えています。

基本的には夜空に見る花火の夢は、勝負運がアップするのと同時に、噂話に注意を呼びかける意味もあります。

ココがポイント

暗い夜空では光輝く花火は目立つように、秘密が明るみになる可能性がありますが、日中の明るい空では、花火の輝きは目立ちませんので、花火の良い意味が前面に出てきます。

明るい昼間に打ち上げ花火を見る夢を見たら、夜の花火を見る夢と同様に夢を見た日を含めた2日間くらいが『勝負運・金運』の有効期限になります。

この間に、宝クジを買うなど金運がつくようなことをなるべく行うのと同時に、仕事や勉強など今やれることを精いっぱいやっておくことをお勧めいたします。

花火の爆音と花火の火花が印象に残る夢

こちらは、日中の花火の夢の解釈になります。

目の前で花火の火花が華麗に散る夢や、花火の爆音が大きくてビックリする夢は、あなたに幸運を掴むタイミングや勝負にかける時期が近いことを音や光で知らせています。

この夢を見たら、以前から躊躇していた事柄や気になっていた事柄があれば行動に移してみましょう。
例えば「何かを申し出る、誰かにお願いや質問をする、愛の告白、何かを打ち明ける」などは夢を見た2日以内にすることをオススメいたします。

花火の夢は、一瞬のチャンス期が到来することを教えていますので、そのタイミングを逃してしまうと、次のチャンスはいつ訪れるか分かりません。せっかく良い夢を見ていますので、勇気が持てずに断念していたことにチャレンジしてみましょう。

ただし、昼間の花火であったとしても、夜の花火の夢のように「秘密や隠し事が露見する意味」も多少はありますので、自分から何でもしゃべり過ぎるのは禁物です。

もし誰かに何かをお願いする場合や、自分の事を打ち明ける場合でも、伝えるべきことと言わなくてもよいことの区別はつけて、明るく落ち着いて伝えましょう。

花火の火花と爆音の夢の体験談

1年前の私の夢の体験談です。

夢で昼間に誰かと歩いていて、目の前で突然、樹木の周りに「花火の火花が爆音と共に散った夢」を見ました。

大きな爆音と共に、美しい火花が一面に散った夢を見たので、この夢は「吉夢」と確信しました。

なぜなら、この時花火の大きな爆音と共に見た花火は、まるで何かが爆発したような花火の夢のように感じたからです。夢で「爆発する夢」は幸運期に入ったことを告げる吉夢になります。

実際は花火が爆発したわけではありませんが、夢で見た花火は、「爆発する夢も兼ねているな」と思ったからです。

実は夢を見た翌日は、私が以前から尊敬しているIT関連のAさんの講演会に出席する予定でした。
爆音が印象的な花火の夢を見ましたので、明日は講演会後の懇親会で、私は積極的にAさんと「話をしよう」と決めたのです。

実は、2年前もそのようなチャンスがあったのですが、当時は勇気が持てずに先送りしていたのです。

懇親会では人気者のAさんの周りは人が溢れていましたが、偶然にもマンツーマンでお話しをする機会ができ、自分が現在悩んでいる課題を相談したところ、Aさんは快く私の頼みを聞いてくれただけでなく、特別に事業のコンサルタントを引き受けてくださいました。

そこから、私が取り組んでいる案件がどんどん好調に進み始めたのです。

爆発する夢の詳しい意味を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

おススメ!運気が一気に急上昇!大爆発する夢&体験談

 花火大会に行こうとする夢

花火大会に行こうとしている夢は、勝負運やツキがまもなくめぐってくることを知らせる夢。

仕事や学業、習い事など何か一生懸命努力していることや、力を注いでいることがあれば、あなたに間もなく周囲の注目が集まるような出来事が起きるでしょう。

花火や火薬が爆発する夢

花火や火薬が急に爆発する夢は、思いがけないことで、一気に幸運が訪れる吉夢!

この時の爆発の規模や大きさは、あなたの幸運の大きさと比例しているため、激しい大爆発ほど大きな幸運が近未来に用意されているでしょう。

なお、いつの間にか花火が爆発していた夢であれば、いつの間にか自然の流れで自分が幸運の波に乗っていた状況になることを指しています。

まとめ

花火の夢は、主に勝負運がついていることを知らせる夢になりますが、その「花火の火」が飛び火して、火事になってしまう夢は、「今後の運勢が繁栄していく未来」を教える大吉夢に変わります。

また、火や炎の種類によって夢の意味が変わりますので、火に関連する記事として「火事・火・炎」の夢も併せてご覧ください!

「火事の夢」は大きな幸運が到来することを知らせています。

必読
炎のグラフィック画像
火事の夢は繁栄を意味する大吉夢!

こんにちは! 美・フェイスナビゲーターのAmi&Annaです。 火事になる夢を見てしまったら、何か良くないことが ...

続きを見る

「火の夢や炎を見る夢」もラッキーな夢になりますよ。

FIREと書いた炎のテキストエフェクト
火の夢・炎の夢は思わぬ幸運や金運アップを告げる!

美・フェイスナビゲーターのAmi&Annaです。 不吉な印象を受ける夢が、実は幸運を示す夢であることがあります。 ...

続きを見る

今日も楽しい夢を~♪
Ami&Anna☆

サイト内のコンテンツのリライト、無断転載や体験談の要約(一部改変)は固く禁止いたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-イベント・行事の夢

© 2020 美・フェイスナビゲーター