美・フェイスナビゲーター

夢判断(夢占い)・人相・手相を活用して幸運を手にするブログ♪

*

顔に表れる血色や気色で判断する今後の運命!あなたのハートを開く人相(21)

      2016/09/16

美・フェイスナビゲーターのAmi&Annaです。

人の感情や体調は顔色にでますが、日常生活に必要な事柄も顔に色となって表れます。

例えば、お金の出入りや病気やトラブル、今の恋愛や子供の事、願いが叶うか叶わないかなど・・・。

これは人相でいう、「血色・気色」というジャンルになり、これが見えるまでは経験と訓練が必要ですが、本日は血色や気色についてより詳しく解説したいと思います。

ところで、素直な人は感情が顔色に表れやすいのですが、人の運命もやはり素直な人は血色・気色がでやすく、今後の運命を知ることができます。

スポンサーリンク

血色・気色でわかること!

人相では、顔の輪郭や鼻の高さなどの骨格で、一生涯の栄枯盛衰(えいこせいすい)や性格、性質などを観ていきますが、血色や気色では近未来の運命の状況や運勢の良し悪しを判断します。

具体的には、

Note

●今現在どのようなことが起こっているのか
●何か問題や希望があるならそれがどうなっていくのか
●近未来に思いもよらない幸運や災難があるかどうか

などを主に見ることができます。

また、人相は「心相と神相」というのがあります。

MEMO

●心相は、顔色と同じで自分自身が心に思っていることが出ること
●神相は、自分自身が思いもよらないことが出ること

人相の神髄はこの神相の「我が思いも寄らぬことが血色や気色となって顔に現れる」ということではないでしょうか。

今現在の自分の願いや懸念している問題以外のことが突然起こることを、顔の血色や気色は既に予測しているのです。

この神相の場合は、色の状態で良いことか悪い事か、顔の部位で大まかにどのようなことが起こるかを予測できても、具体的な詳細は事が起こらないとわからないものです。

また、血色や気色などの神相を観て思うことは、「近未来の人の運命はもう既に決まっている」ということです。

顔に現れる血色・気色の種類と吉凶判断!

吉の色

●通常の肌の色・・・いつもと同じ肌色は吉凶なく平穏無事を表す。

●美色(びしょく)・・・艶や潤いのある透明感がある少し黄色がかったキレイな白色は、幸運、喜び、願望成就を表す。

●紅色(こうしょく)・・・艶や潤いのある薄いピンク色、桜色は喜び事、人気、恋愛や色情による喜びを表す。

●黄色(こうしょく)・・・艶や潤いがある薄い黄色は、お金や物、財産が入ることを表す。

凶の色

●蒙食(もうしょく)暗色(あんしょく)・・・鉛筆の芯の粉を擦り付けたようなぼやけた薄暗い色、曇ったような暗い色は、物事の滞り、不調、心配、悩み、悲しみ、災難、病気、損失などを表す。

●赤色(せきしょく)・・・血の色、濁った赤色は(ニキビの炎症や新しくできた傷等も含む)喧嘩や火難、怒り、離別、剣難、訴訟、急病、トラブルを表す。

●白色(はくしょく)・・・骨のような艶のない白色は、憂い、病気、死亡、深い悲しみなどを表す。

●青色(せいしょく)・・・皮膚上に見える静脈のような青色は、驚き、怒り、損失を表し、青黒い色は病気、災い、苦しみなどを表し、青白い色は悩みや葛藤を表す。

●黒色(こくしょく)・・・薄黒い色、焦げたような黒褐色や赤黒い色は、物事の不調、停滞、災い、悩み、病気、陰謀等を表す。

●褐色(かっしょく)・・・焦げ茶色のことで、火災、高熱を表す。

引用記事顔の十二宮と色で判断する日常の運勢と吉凶!(20)

その他にも、色をもたない無色の気色というのがあります。

無色の気色・・・自分の皮膚の色と同じかやや白っぽく見える色で、近くで見ると皮膚は盛り上がっていないのに、90cm以上離れて見ると皮膚がやや盛り上がっているように見える気色のこと。

これは、皮膚の下にある氣(エネルギー)が皮膚上に現れた状態になり、無色の気色は、艶や潤いがあると良いことが起きます。

血色・気色の艶や潤いについて

血色や気色に艶や潤いがあるのは全て吉となります。

基本的に艶や潤いがある血色・気色は、「美色・紅色・黄色・無色の気色」のみとなります。

艶や潤いがある肌の状態とは、乾燥している肌ではなく、かといって皮脂でべとべとしている状態でもなく、通常の健康な肌の状態をいいます。

その健康的な皮膚上に出る血色や気色に、生き生きとした柔らかい光(曇りガラスから出るような光)が肌から出ている状態を艶や潤いがあるといいます。

曇りガラスの電球

別の言い方だと、艶や潤いがあるとは、一見見て明るく冴えた色でも、暫く見ているとどんどん曇ったりくすんで見えるのは艶や潤いがある状態とはいいません。

逆に一瞬薄暗く見えても暫くすると朝日が昇るように、皮膚の内側から柔らかい光が放たれるような状態が艶や潤いがあるといいます。

ですので、本当の艶や潤いがあるかは、肌の上や顔全体に出ている血色・気色を最低でも10秒以上は見ないと判断できません。

艶や潤いがある美色になると、1分どころか、5分以上見続けても美しいきれいな冴えた明るい色が呼吸をしているように出続けます。

血色や気色の過去・現在・未来

血色や気色を判断するには、その色の状態、勢いで過去のものか、現在のことか、近未来に起こることかを判断します。

過去を表す色・・・血色・気色に勢いがないぼやけた状態。

現在を表す色・・・色に勢いがあり、はっきりしている状態。

近未来を表す色・・・血色だと皮膚の奥で待機している状態でまだハッキリとしていないが秘かな勢いがある状態。

気色線(線状の気色)だと細く締まって見えて、動いているようにも見える状態。

過去や未来を判断するのは難しいことかもしれませんが、何か線や色が出ていて過去も現在もまだ何も起きていないのであれば、それは未来を示す色になります。

血色・気色は健康状態も教えてくれる!

血色・気色は近未来の運勢を判断するだけではなく、体調の変化を教えている場合があります。

例えば、眉間である命宮(めいきゅう)が赤黒いのは喉の炎症や肺の病気を表すことがあり、鼻の中間位から鼻先までの年寿(ねんじゅ)に赤い点や赤色が現れたら腸が食べ過ぎなどで炎症を起こしていると判断します。

その他、小鼻の周りの蒙色は腰痛を表し、鼻から上唇までの縦筋である人中(じんちゅう)の赤色や涙袋の赤色は子宮の腫れや炎症を示す場合もあります。

ですので、顔に色が表れた場合、「病気のことなのか、運命上のことなのか、それとも両方を兼ねているのか」を見分けることが肝心です。

血色・気色の形状と知らせている意味!

血色や気色の大きさは、顔全体に出る時もあれば、1㎜位の小さい点で出る時もあります。

また、長さ1cm~10cm以上の線で出る場合もあれば、小指で触れたような円状、小指で引っ張ったような楕円形など形状は様々です。

基本的に円状で出ている時はその顔の部位の意味と色の種類で物事の状態を判断していきます。

線状で現れる時は出発点がやや大きく、線の到着点が出発点より細くなっています。

これは、原因と結果の関係で、必ずといっていいほど出発点と到着点は意味があり繋がっています。

例えば頬から小鼻に気色線が走っている場合、頬骨は人相学では「世間や知人、同僚」などの意味があり、小鼻は財運の意味があるので、「知人から何かプレゼントやお金をもらう」と判断します。

線の色で吉凶を判断します。

気色線にホクロや、ニキビが当たっているか、ニキビやホクロから線が出発していると、相手は問題を抱えていて、関わると不快なことや障害が起こることを意味しています。

本当に良い美色線だと、ホクロやニキビがあってもそこを避けて線が走るのです。

血色・気色はわかりだすと面白く、本人がこっそり隠していることも顔に色となって表れていれば、その秘密もわかることがあります。

例えば、口先では「ボチボチの利益ですよ」といっても実は商売大繁盛だったり・・・
秘かに恋愛していることもわかることがあります。

さらに、恋愛を意味する目尻の色艶で恋の状況を見たり、仕事の状態を判断する法令線の色艶で仕事がうまくいっているか?業績が良いかどうか?なんとなくわかるものです!

ところで、血色・気色は、未来の色ならば、数時間~半年先位までの運勢をみることができます。

血色・気色の実践鑑定!

顔に表れる血色や気色の具体例

1.天中(てんちゅう:髪の生え際の真ん中)から命宮(眉間)に美色線が上からスーッと降りたら天や神からの助けで思わぬ幸運が起こったり、他からの幸運や他人の援助で願いが叶うことを知らせています。

逆に眉間から美色線が出て天中に登ったら自分の切なる願いが叶う時。

2.高広(こうこう:天中の左右)から蒙色や黒色などの凶の色が眉間に降りたら思いもよらない災難やトラブルが起こるサイン。

逆に美色線がここから眉間に降りたら思いがけない知らせや喜びごと、幸運が訪れる。

3.官禄宮(かんろくきゅう:額の真ん中)に赤色が出たら仕事上で目上の怒りを買っている時。
もしくは仕事上や進路についてのトラブルのサイン。

4.命宮(めいきゅう:眉間)に美色が出たら願いが叶う。

蒙色や暗色などの暗い色が出ていると、望みごとは叶わず悩みがある状態。

赤色がでたら喧嘩や火の元に注意のサイン。

5.妻妾宮(さいしょうきゅう:目尻)から口の端に美色線が現れたら異性から食事やデートに誘われる。
女性の右目尻付近からだと異性から、男性は左目尻からだと女性から誘われます。

蒙色や悪い色だと、何か問題のある相手や、今後トラブルになる相手からのお誘いなので気をつけましょう。

6.独身女性の左側目尻に艶や潤いのある紅色や美色が現れたら、ステキな出会いや恋をするサイン!

7.山根(さんこん:鼻の付根)に蒙色が現れたら本人か家族が病気になることを知らせています。

色艶が良いと運がスムーズに運ぶ前兆。

8.準頭(せっとう:鼻の頭)に美色が現れたら物事が整い運勢が良くなる。

色艶が悪いと運勢が悪い時で物事がうまくいきにくい。

9.法令線上に赤色が現れたら仕事上のクレームや損害、トラブルが起こる。

10.法令線上に美色が現れたら経営者なら事業が繁栄し、勤務している方なら業務が順調にいくサイン。

11.地閣(ちかく:顎)に薄黒い色が出たら家に何か問題があるときで、蒙色が現れたら水難に注意。

赤色は火事や火傷など火による災難に注意。

実践鑑定の解説

血色や気色は、はっきり出ていないのがほとんどですが、上記の画像はわかりやすくする為に色を濃くしています。

また、血色・気色の実践鑑定の解説は一般例で、その人の背景や現在の状況によって解釈は様々ですので参考にしてくださいね!

ところで、希望が叶う美色線は、スーッと勢い良く入っているのが良く、ギザギザ蛇行したりするのは喜びの中にも何か気にかかることがあったり、恋愛なら相手に何か迷いなどがある場合に出ることがあります。

血色・気色の判断方法を一部ご紹介しましたが、まだまだ沢山ありますのでそれはまた別の機会にお伝えしたいと思っています!

まとめ

はっきり皮膚上に出ている血色なら見やすいですが、特に気色になると最初はなかなか見えずらいことがほとんどです。

血色は明るいところで鏡に顔を近づけてもわかりやすいのですが、気色は顔に光が直接あたらない少し暗い場所で50cm~90cm以上離れないと見えません。

気色は、照明が薄暗いバーか、電球色(暖かみのあるおちついた光)の室内などが最初は見やすいかもしれません。

個人的に、夜の電車の中は血色や気色が見えやすいと思います。
時々、他人様のお顔で一人鑑定している時もありました(笑)

また、気色は皮膚の表面を動いていたり、出たり消えたり、皮膚の上に霧状になって見えたりします。

そんな血色や気色を文字だけで伝えるのはなかなか伝わりづらいものがあるかもしれません。
しかし、自分や他人の気色が一度見えるようになると、その後は意識して観ようとするとわかるようになりますよ!

※血色や気色は何かお知らせがあるから出ているのであって、何もない平常な時は出ていません。

先日、友人の顔に気色線が出ていたので、その話をしていると10歳の友人の息子さんが突然「僕も見えた!ここだよね!」と指を示してくれました。

10歳の子が見えているのは私も初めての体験でビックリしましたが、見る人の眼力や見ようとする意志力が必要なのかもしれません。

最後に、「自分で自分の未来を知りたい人」や「人相に興味がある人」には、私達のおススメ記事をご紹介いたします!

★美色やニキビ、赤色について詳しく書いた記事はこちら。

check!願いは叶う?叶わない?!願望成就は命宮(眉間)の色つやでチェック!(9)

必読!印堂(眉間)は運気のバロメーター!(10)

★三停という、顔を三分割して一生涯の運勢を判断するのはこの記事!

おススメ!開運期はいつ?!顔を三分割して運勢をみる『三停』とは(5)

ほくろ占いや唇鑑定など他にも人相記事を書いていますので、時間があるときに一読してみてくださいね!

あなたに多くの幸運が訪れますように!
Ami&Anna☆

ピンクの花に美・フェイスナビゲーターのロゴ

©2013-2016 美・フェイスナビゲーター All Rights Reserved.

 - ☆顔で占う運命と運勢

パソコン記事下2つ

スポンサーリンク

パソコン記事下2つ

スポンサーリンク

  関連記事

顔の十三部位一覧表
顔の重要ポイントである十三部位で占う未来の健康と運勢!あなたのハートを開く人相(22)

美・フェイスナビゲーターのAmi&Annaです。 人相で顔に赤色や青色な …

顔の十二宮一覧表
顔の十二宮と色で判断する日常の運勢と吉凶!☆あなたのハートを開く人相(20)

美・フェイスナビゲーターのAmi&Annaです。 人相には、自分の健康や …

laguhテキストエフェクト
笑い方で人となりや性格がわかる!☆あなたのハートを開く人相(15)

美・フェイスナビゲーターのAmi&Annaです。 人相学では、体型や、顔 …